読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いがログ。

歴史を愛するライターの”仕事と日々”。

夜は短し歩けよ乙女

星野源さんが出ている某アニメ映画とは全く関係ない、編プロ時代の金曜夜の話です。 編プロ勤務時代は基本的に退勤時間=終電時間で、「まだまだ業務はあるけど終電の時間が来たから帰る」といった様相でした。とはいえ、いつも終電で帰れたかというとそんな…

見られていた

昨年のバレンタイン、勤めていた会社であるものを見てしまいました。ここに書こうかだいぶ迷ったくらいグレーゾーンな話です。

朝は男子便器に手を突っ込むことから始まる

ちょっと「?」と思うタイトルの内容に触れる前に、まずは編集・ライター界隈のことが全くわからないという方に向けて、編集プロダクションについてざっくりとお話させていただきます。 次がないかも……。切実な思いが悲劇を生む 編集プロダクションという場…

感謝しているが、それでも大変だった。編プロ時代を振り返る

23時30分。 社内に電話が鳴り響き、誰かが1コール終わらない内に条件反射的に電話を取る。社員用の机にはほぼ全員が座っている。室内には煙草のにおいが立ち込め、髪や服にまとわりつく。今にも眠りそうな新人と、それを横目で睨む先輩社員。「お前なんか辞…