いがログ。

歴史を愛するライターの”仕事と日々”。

【仕事】2017年5月公開記事まとめ

 

2017年5月公開分の仕事をまとめました!

今月も東京の渓谷に行ったり、ボートを漕いだり……盛りだくさんでした!

haletto.jp

おでかけ情報サイト「ハレット」で執筆した「初夏のピクニック」企画第1弾。東京23区内唯一の渓谷・等々力渓谷で水を汲み、プロのバリスタにコーヒーを淹れてもらう、なんとも気持ちの良い取材でした! 等々力渓谷の東京都内とは思えない清涼な空気、初めて挽いたコーヒーミルのハンドルの重さ、砂糖の要らない淹れたてコーヒーの味わいが忘れられません。

まだまだあります!↓↓

 

haletto.jp

桜で有名な千鳥ヶ淵ボート場を初夏に楽しむ企画です。桜のイメージばかりですが、日差しが強すぎず、雨も少なく、緑がとても美しい初夏は、実は絶好のボートシーズンだそうです。今回は私一人の取材で、ボートに乗りながら撮影も行っていたのですが、南風に流されたり内堀にぶつかったりしてなかなかボート乗り場に戻れず、「時間内に戻らねば!」と大汗かいて必死の形相でボートを漕ぎまくってたのはここだけの話です。

 

www.alicey.jp

低用量ピルの飲み方や効果などについて産婦人科医に取材しました。私は実は過去に低用量ピルを服用していた経験があり、私の経験談もちょろっと盛り込まれています。体質により合う・合わないはあると思いますが、取り入れると色々な面で女子の味方になってくれる薬です。

日本はお産の現場でもそうですが、とにかく「自然である」ことにこだわる風潮があると感じています。自然と共生して生きてきた民族だから仕方なのかも知れませんが……。しかし私は活用できるものは活用し、無用な苦しみに耐えなくても良いのではと考える派です。

 

www.alicey.jp

こちらも婦人科医への取材で、生理痛の原因と市販薬についてお話を伺いました。私は上に記載した低用量ピルをやめてから生理痛が気になり始めたのですが、「生理痛は年々軽減されていくもの」という先生の言葉を受け、「あれ!?(汗)」とビビッてしまいました(笑)。女性の身体の奥深さ・複雑さと向き合う毎日です。

 

yoridokoro.biz

落語大好きで噺家さんを旦那さんに持つというキャラ立ちまくりの落語ライターさんに取材しました。「ドラマチックに描く」という自分の強みを活かしてお客様に貢献していく記事と、自分がライフワークとして発信したい落語や江戸文化に関する記事の両輪で執筆されていて、ライターとして周囲の信頼と自分のモチベーションと保ちつつやっていくための秘訣を聞けました。

 

www.alicey.jp

二の腕にできてしまう謎のできものについて美容皮膚科医に取材しました。触った感じはとてもニキビっぽいのですが、先生から「実はニキビじゃない」と聞いてとても驚きました……人体の不思議!

 

www.alicey.jp

トレンドファッションをしていたつもりなのに、周りに理解してもらえなかった……という残念エピソードを集めました。親世代のジェネレーションギャップあふれる天然なツッコミは特に微笑ましく、ほっこりしてしまいました。

 

www.alicey.jp

皮膚の下で毛が成長してしまう「埋没毛」を取材しました。今回の取材で一番衝撃だったのは、なんと埋没毛はそのまま放っておくと皮膚の下で溶けるということ……! 「じゃあほっとけば?」となるところですが、色素沈着してしまうこともあるとのことで、きれいにしたいならやはり何らかの手を打った方が良いようです。体毛だけ色素の薄い人種になりたいです。

 

www.alicey.jp

喉に違和感を生じさせる「ヒステリー球」について取材しました。実は編プロ時代に激務がストレスになったのか発症してしまい、フリーになってストレスはかなり軽減されたものの、身体がクセになってしまったのか、今でも時々悩まされています。自分の他にも苦しんでいる人の役に立てれば……と企画させていただきました。

 

yoridokoro.biz

ペット専門ライター・金子さんを取材しました。甲斐犬・ジュウザ君との出会いをきっかけに、自分の「好き」を突き詰め、ペット関連の編集・ライティングの仕事を極めてきた方です。一つの質問でガンガン色んなことをお話してくださる方で、「好き」を極めると人はこんなにもエネルギッシュになるのだと圧倒されました!

取材当日はジュウザ君も同行してくれたのですが、残念ながらこの記事が公開される頃に亡くなってしまったそうです。最後に取材に携われたことを光栄に思います。ご冥福をお祈りいたします。

 

yoridokoro.biz

家族が転勤族のため、日本各地を渡り歩いてきたライター・大矢さんを取材しました。学生時代の就活でマスコミを希望しながらも叶わず、社会人になってから再チャレンジした下りは自分に通ずるものがあり、共感しながらお話を伺いました。

インタビューに特に定評がある方なので、ライターを目指している人やインタビューに悩む人などは是非ご覧いただけますと幸いです。

 

来月も頑張ります~!